論文名

三次元空間での動きの検出
(論文ではない,どこかの研究会の発表??)

論文情報

  • 著者,所属
    国谷 晋二・小林 健二・三橋 渉、
    電気通信大学 情報通信工学科
  • タイトル
    三次元空間での動きの検出
  • 日付け
    不明
  • ジャーナル名
    不明
  • ボリューム,ナンバー,ページ番号
    不明
  • 参考URL
    www.mlab.ice.uec.ac.jp/mit/3D/SFV.ppt

内容

概要、目的

仕組

新しい所

問題点、改善点

参考文献

コメント

  • 速度フィルタを使うってのがあるのね(初耳)このPPTが「Lucas-kanade法」に気づいた文献って所? -- nal 2005年10月22日 18:46:02 (土)
  • Lucas-kanade法は『画像の局所的な動きが並進で表されると仮定』ってあるけど,この点は大丈夫? -- nal 2005年10月22日 18:46:23 (土)
  • 光源の位置が変わる事による輝度変化の問題とか,輝度一様の場所での問題ってのは当たり前ですね. -- nal 2005年10月22日 18:46:45 (土)
  • 窓問題ねぇ.オプティカルフローを計算するための手法がいくつかあるってのは分かったけど,Lucas-kanade 法が他と比べてどの点で良いのかって のは分からず. -- nal 2005年10月22日 18:47:16 (土)